2.1000人のクロスロード2014実施要領


1000人あつまれば、1000通りの知恵


  クロスロードの問題に正解はありません。

 

 災害時にみんなで危機を乗り切るために、

 自ら考え、他者の経験や知恵から学ぶことを目的としています。

 

 子どもから大人まで、年齢や立場、防災の知識や

  災害体験の有無に関係なく、

  一つの問題についてゲーム感覚で楽しみながら、

  真面目に議論することができます。


今回は、神戸・仙台・高知の3会場をネットでつなぐほか、 

全国各地で同時にクロスロードを行い、

大災害に備える1000人の知恵を集結させます。

 

 この機会に、家族で、地域で、職場で、

「防災」について語り合ってみませんか?



目的           


「クロスロード」開発の元となった阪神・淡路大震災から来年1月17日で20年を迎えます。

震災の教訓が風化する中、神戸由来のこのゲームを使って経験の継承と教訓の発信をしてうと、

2005年からクロスロードを使って震災の体験を伝える活動を行っている「神戸クロスロード研究会」を中心に、

クロスロードでつながった全国各地の団体や個人、開発者の先生方を含む有志約20名で

20143月に実行委員会を設立しました。

神戸から全国に発信するイベントとして、20141223日(火・祝)、

メイン会場の神戸、東日本大震災の被災地・仙台、

そして南海トラフ巨大地震に備えて最前線で準備を進めている高知をサブ会場とし、

3会場をネットでつないで「クロスロード」を行うと同時に、

同じ時に全国各地で「クロスロード」を行う会場(サテライト会場)を募集。

全国で1000人が参加する「一千人のクロスロード」の実現を目指して、プロジェクトを進めています。


全国10会場で開催


 ■メイン会場     神戸 : 神戸国際展示場1号館(ポートアイランド市民広場駅すぐ)  700人

 ■サブ会場      仙台 : 仙台市役所8階会議室                           

              高知 : 高知市総合あんしんセンター 3階大会議室            

                    ※メイン会場とサブ会場は、ネットでつないで、同じプログラムを行います。

 ■サテライト会場        各会場でプログラムは異なります。

             札幌 : 札幌市生涯学習センター「ちえりあ」2階中研修室②札幌市西区宮の沢1条1-10)

              酒田 :  東北公益文科大学 酒田キャンパス 103教室  (山形県酒田市飯森山3-5-1)

                               新潟 :  クロスパル新潟                                                           (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)

             横浜 : さくらWORKS                                 (横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F) 

                               静岡 : 静岡県地震防災センター                                              (静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

               呉   : 呉市広まちづくりセンター5階 502大会議室                  (呉市広古新開2丁目1番3号)

           福岡 : 福岡市消防局本部3階講堂                       (福岡市中央区舞鶴3丁目97号) 


メイン・プログラム(メイン・サブ会場共通)


■プログラム

1.講演 「クロスロード~その開発と10年の歩み」 

講師  :京都大学教授     矢守 克也氏

      慶應義塾大学教授  吉川 肇子氏

2.クロスロード・ワークショップ

※神戸・仙台・高知の3会場をネットでつないで行います

  第1問:神戸から   第2問:仙台から  第3問:高知から  第4問:神戸から(予定)

   コメンテーター:気仙沼地方振興事務所長 渡辺達美氏

             高知県危機管理部副部長 酒井浩一氏